ゴミ屋敷が増えている!?

今、ゴミ屋敷が増えていることが社会問題になっています。

何故、ゴミ屋敷が増えてしまっているのでしょう。
今のこの時代だからこそ、ゴミ屋敷が増えてきている状況が見えてきます。

ゴミ屋敷の住民は、これはゴミではないと主張するのが一般的です。誰がどう見てもゴミだと思うものをそうではないと主張するのは一種の病気なのです。近所などのトラブルに対しても一切動じないその姿勢は少し恐いとさえ感じさせますよね。

これは、社会に背を向けたその人のメッセージだと思います。
仕事や家事、人生に疲れたという人が無気力になり、ゴミを溜め込んでしまうといったケースが多いからです。そして、ついには孤独となりさらにゴミを溜め込んでついにはゴミ屋敷となってしまうのです。
早目に誰かがそのメッセージに気付くことができ、一人ではないと理解してくれればこういった行動には移らないはずです。
ゴミ屋敷を作り上げてきたのは当事者であることは間違いありませんが、その過程においてそういった人にさせてしまった別の人にも問題があるのです。

それは、たいていのケースは身近は人なのです。例えば夫婦であったり兄弟であったり、親類であったりします。孤独にさせてしまった原因は常に身近は人間であることを忘れてはいけません。

2015年6月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:知識

不用品処分と家電リサイクル法について

家電リサイクル法では、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の4品目の家電が、特定家庭用機器として指定されています。

消費者はこれらの製品を不用品処分するとき、その製品を購入した小売業者か新しく買替える製品を購入する小売業者に、リサイクルの手続を依頼して、リサイクル料金と収集・運搬費用を支払い、引取ってもらわなければなりません。
また、依頼された小売業者は消費者から不用品処分する製品を引取ってメーカーへの引渡しをし、メーカーは小売業者からその製品を引取ってリサイクルをすることが義務づけられています。

そして、家電4品目の不用品処分をする際には、家電リサイクル券を使用して引取りを依頼します。
家電リサイクル券には、「料金販売店回収方式」と「料金郵便振込方式」の2つの方式があります。
「料金販売店回収方式」は家電製品の小売業者に申し込んで直接料金の支払いをし、「料金郵便振込方式」は郵便局で料金を前もって振り込み、小売業者もしくは地方自治体に申し込みをするという方法です。

2014年8月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:知識

開かなくなった金庫の処分

金庫をお使いのみなさん、次のような経験はありませんか。
金庫が開かなくなった、金庫のカギをなくした、暗証番号が分からなくなった、暗証番号は合っているのに開かない、カギが回らなくなった、カギが回っても扉が開かない。
このような場合は、扉を無理にこじ開けようとすると、ますます開け難くなりますので、金庫の専門業者に連絡して、来てもらうのが一番の解決策です。

専門業者に連絡する際は、金庫のサイズ(高さ・横幅・奥行き)、メーカー名、型番、金庫のロックシステム(シリンダー式、ダイヤル式、マグネット式、暗証番号式)について、正確に把握した上で、連絡すると対応も早いです。

また、金庫の専門業者なら、金庫を買い替えたい場合にも、古い金庫処分も請け負ってくれます。
金庫処分を個人でやるのは、大変です。
自治体の廃品回収でも金庫回収はしてくれないからです。
金庫のトラブルが生じた時、金庫処分をしたい時、粗大ごみセンターへご相談ください。

2012年11月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:知識

パソコンの処分について

パソコンリサイクル法により、使用しなくなったパソコンは粗大ゴミとして勝手に処分する事ができません。
購入した店舗やメーカーに引取ってもらうなどして処分しなければいけません。
また、粗大ごみ回収業者に依頼するのも処分方法の一つです。
店舗やメーカー引取り、粗大ごみ回収業者の利用、いづれにしてもパソコンを処分する際には料金がかかります。

しかし、新しい型のパソコンであればお得に処分できるかもしれません。
買取りサービスを行っている粗大ごみ回収業者や、リサイクルショップに出せば買取ってくれる可能性がある為です。
また、粗大ごみ回収業者によっては無料で引取るという所もあります。

パソコンを不用品回収業者やリサイクルショップに買取ってもらうのであれば、どのようなOSが入っているかがポイントになります。
例えば、Windowsであれば現在ほとんど使われていないWindows95やWindows97は買取ってもらえない事がほとんどです。
逆に、最新式の物については良い金額で買取ってもらえる事があります。

2012年8月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:知識